名古屋の税理士・会計事務所 セントラルコンサルタンツ

ご挨拶

企業の安定と発展を願って

昭和31年以来、長年にわたって、セントラルコンサルタンツグループは会計業務、税務業務、経営コンサルティング業務のノウハウを蓄積してまいりました。先行き不透明な、混沌とした経済状況の現代にあって、経営者が期待する外部ブレーンとして、最善の問題解決策を考え、提案してゆく必要があります。私たちは、関連分野のプロフェッショナルをグループ化し、企業のニーズにトータルにお応えし、皆様の一層の安定と発展に貢献していきたいと考えています。

セントラルコンサルタンツ グループ 代表・丹羽 靖和

私どもセントラルコンサルタンツは、税務・会計はもちろんお客様の経営を全面的に支援するプロフェッショナル集団です。

企業理念

私たちは、会計、税務および労務を通して、中小企業の健全な育成と発展のために社会的な役割を果たします。

経営目標

私たちは、サービス企業の原点であるお客様第一主義に立ち、仕事を通じて豊かな人生を実現するために職務を全うします。この経営目標の実践により、必ずお客様の繁栄、企業の発展、そして、私たちは夢を実現します。

基本姿勢

  1. 基本に忠実な仕事をすること
  2. 原理・原則に基づく判断をすること
  3. 迅速・正確・美的でわかりやすい情報を提供すること
  4. お客様のお役に立つトータルな外部ブレーンであること
  5. いつも前向きに自己啓発をすること
  6. FOR THE TEAM の職場であること

第16期 第三創業期 第2/5期

第三創業期の2年目となりました。

創業(昭和31年2月2日)63年目の今事業年度も、昨年に引き続き私たちは自立した経営組織の構築に邁進してゆきます。

第三創業期は30歳代から40歳代の中堅層が5ヵ年計画を基に、自立組織経営の中核となり、来たる新時代に向けてセントラル税理士法人の再々成長の推進力となります。

「高付加価値×高回転×自立組織経営」のビジネスモデルを革新し、お客様の経営の一翼を担う得る役割を果たしてまいります。

引き続き一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表社員 副所長/公認会計士・税理士 正木 里幸