ホーム > デイリーニュース

ディリーニュース

「インフォグラフィックス動画で 社会保障を解説―国税庁」

 国税庁は現在、政府広報オンラインの「社 会保障と税の一体改革」特集で「社会保障 がよくわかるインフォグラフィックス動 画」を公開している。Webでの広報に力 を入れる中、複雑な情報やデータなどを視 覚的に分かりやすく表現する手法「インフ ォグラフィックス」を用いて、多くの世代 に税制に興味関心を持ってもらうために制 作したもの。「医療」「年金」「介護」「子育 て支援」「少子高齢化」を取り上げた5本の 動画は、人や物、事柄などを単純化したイ ラスト「ピクトグラム」とグラフなどのふ んだんな統計データ、平易なナレーション を使ってシンプルかつ端的に伝える工夫が なされている。主に、29年3月末時点で 確認できる制度・統計情報等に基づいて制 作された。 

 「医療」の動画では、日本人が生涯でが んにかかる確率を挙げながら公的医療保険 制度を解説。「年金」では公的年金の仕組 み、「介護」では地域包括ケアシステムを目 指す取組み、「子育て支援」では保育の受け 皿確保に向けた対策についてまとめられて おり、そして「少子高齢化」の動画は、そ れら4つの分野に関わる共通の課題とし て、社会保障制度を次の世代に引き継ぐた めにどうすればいいのかという財政上の課 題を投げかけている。

2017年07月25日

「株式報酬や特定譲渡制限付株式 第三者割当の特記事項は不要に」

 金融庁は7月14日、「有価証券の取引等 の規制に関する内閣府令」及び「企業内容 等の開示に関する内閣府令」を公布した(公 布日から施行)。今回の改正は、(1)特定 譲渡制限付株式、(2)パフォーマンスシェ ア、(3)株式報酬(所定の時期に確定した 数の株式を報酬として付与するもの)等に よる株式の割り当てを行う場合、ストック オプションの付与と同様に、有価証券届出 書における「第三者割当の場合の特記事 項」の記載を不要とするものである。 

 この点、関係会社の役員等に株式報酬を 交付する際には、提出会社が直接に関係会 社の役員等に対して報酬債権を付与して、 当該役員等が提出会社に対して当該報酬債 権を現物出資するなどの方法が実施されて いる。この場合、関係会社の役員等がその 役務の提供の対価として有することになる 債権について、その給付と引換えに、提出 会社の株式等が当該役員等に割り当てられ ることとなっているものであれば、有価証 券届出書における「第三者割当の場合の特 記事項」の記載は不要になるとしている。 

 なお、自社株式交付スキームなどに係る 個別の割当先等の開示の要否については、 第三者割当について特記事項の記載が要求 されている趣旨等に照らして個々に判断が 行われるべきものとされている。

2017年07月25日

「☆☆☆Weekly コラム☆☆☆ 仕事の着手と成果」

 困難が予想されるような仕事、又は不愉 快な仕事( 例えば苦情処理) は、つい着手 が遅くなるものである。また、日常の仕事 であっても、元気が無かったり気分が塞い でいたりすると、仕事の着手に躊躇するこ とがある。極端な場合は、午前中にすべき 仕事を先送りして夕方にようやく着手した り、何回も一日延ばしを繰り返したりす る。一日延ばしは、計画の実行に着手しな いで立ち消えにする最大要因かもしれな い。仕事の成果は、決めた事を迅速に実行 する事で生まれる。一般に困難な仕事や不 愉快な仕事は、実行すれば大きな成果にな るだろう。そこで、仕事の着手に躊躇した 時は、一般に最大の原因となる「その仕事 をする気分にならない」を振り払う事が必 要である。仕事はその日の気分に左右され ず、予定に従って行動本位で着手すること が確実な成果を上げるコツである。具体的 な手法の例を挙げれば、○企画書や報告書 等を書くような仕事であれば、内容の良悪 に関係なく1 行でも書き始める。○アポイ ントメントを取るような仕事であれば、電 話を掛けて取敢えず1 件でも獲得する。○ 準備の時間に制限を設けて、着手の時刻を 厳守する。○午前に着手する予定を午後( し かも終業時間の間際) や翌日に先送りする ような悪癖を絶対しない、等である。

2017年07月21日

最近のデイリーニュース

過去のデイリーニュース