ホーム > デイリーニュース > 「顧問先経営改善の実践へ 認定支援機関向け研修を開催」

「顧問先経営改善の実践へ 認定支援機関向け研修を開催」

 JPBMでは、金融機関を対象とした研 修機関である株式会社CMCと連携して、 経営改善計画およびモニタリング支援を業 務化するための実践研修を開催します。会 員の西野光則税理士によるEXCEL での完 全システム化した経営改善計画及びモニタ リングシステムの活用を通じて、顧客への コンサルティング手法を習得します。 

 金融機関の方針は、金融庁の要求もあ り、改善計画の提示から事業性評価の推進 にシフトしてきています。具体的な解決策 の提案や、継続的なモニタリング等を重要 視しています。今回の研修は、認定支援機 関である税理士等の専門家に向け、経営改 善計画とともに金融機関に提示するモニタ リング資料等の作成を通じて、顧客への経 営支援の業務化を目指します。開催概要は 以下の通り。【開催日】2016年11月1 6日(水)・17日(木)【会場】第2ニッ キンホール(東京・市ヶ谷)【定員】30人 (最少開催人員15人)【講義概要】(1) 講義・演習「経営改善計画策定の流れ」 (2)講義・演習「計数計画を策定する基 本的な考え方」(3)講義・演習「改善経営 計画を策定する1」(4)講義・演習「改善 経営計画を策定する2」(5)講義・演習「モ ニタリングの手法」(6)講義・演習「一番 大切なモニタリングの実践の方法」、他。