ホーム > デイリーニュース > 「H27年度民間給与調査 件数・額等ほぼ横ばい―国税庁」

「H27年度民間給与調査 件数・額等ほぼ横ばい―国税庁」

 国税庁はこのほど、平成27年分民間給 与実態統計調査の結果を発表した。源泉徴 収義務者のうち民間の事業所から抽出され た2万789の事業所及び、それらの事業 所に勤務する給与所得者30万9,674 人より得た標本値から全体を推計した。 

 全給与所得者数は5,646万人(同1. 0%増)、民間の事業所の源泉徴収義務者数 は352万件(前年比0.4%増)。民間の 事業所が支払った給与の総額は204兆 7,809億円(同0.8%増)で、源泉 徴収された所得税額は8兆9,898億円 (同1.0%増)、給与総額に占める割合は ほぼ横ばいの4.39%となった。 

 1年を通じて勤務した給与所得者は、 4,794万人(同0.8%増)。平均給与 は420万円(同1.3%増)で、正規は 485万円、非正規は171万円となっ た。業種別では引き続き「電気・ガス・熱 供給・水道業」(715万円)、「金融・保険 業」(639万円)が高く、最も低いのは「宿 泊業・飲食サービス業」(236万円)であ った。源泉徴収により所得税を納税してい る者(以下、「納税者」)は4,051万人 で、その割合は84.5%。納税者の給与 総額は187兆9,094億円で、源泉徴 収された所得税額8兆8,407億円が占 める割合は4.70%となった。