ホーム > デイリーニュース > 「収益認識会計基準の公開草案 平成29年6月までに公表へ」

「収益認識会計基準の公開草案 平成29年6月までに公表へ」

 企業会計基準委員会(ASBJ)が検討 している収益認識に関する包括的な会計基 準の公開草案については、平成29年6月 までに公表する方針であることが分かっ た。強制適用の時期は、会計基準の内容が 概ね判明した段階で検討を行う。 

 開発する会計基準は、IFRSを任意適 用する企業のニーズと日本基準を連単で適 用している企業のニーズの両方を可能な限 り満たす方向で検討する。したがって、開 発する会計基準とは別に英文のIFRS第 15号「顧客との契約から生じる収益」を そのまま利用することはないとしている。 

 また、財務諸表間の比較可能性の観点か ら、連結財務諸表及び個別財務諸表を特に 分けず、IFRS第15号の基本的な原則 を取り入れることを出発点とし、内容を定 めるとともに、日本の実務等に配慮すべき 項目があれば、財務諸表間の比較可能性を 損なわせない範囲で代替的な会計処理を追 加するとしている。 

 そのほか、既存の会計基準との関係で取 扱いが不明確であった工事契約や金融手数 料については収益認識に関する包括的な会 計基準の適用範囲に含まれるとしたもの の、リース取引や固定資産の売却取引に関 しては適用の対象外となる方向で検討が進 められる。