ホーム > デイリーニュース > 「高齢者の雇用環境整備に注力 厚労省が28年版厚生労働白書」

「高齢者の雇用環境整備に注力 厚労省が28年版厚生労働白書」

 厚生労働省は28年版厚生労働白書で、 働く意欲のある高齢者が長年培ってきた知 識や経験を生かし、年齢にかかわりなく活 躍し続ける「生涯現役社会」を実現するこ とは、高齢者自身の健康や生きがいにもつ ながりますます重要になっているとの認識 を示し、今後特に65歳以降の高齢者の就 業機会を確保するため、高齢者の雇用環境 の整備等への支援や再就職支援等を行って いく方針を明確にした。白書によると、2 015年の65歳以上の労働力人口は74 4万人と増加傾向にあり、労働力人口総数 に占める構成割合は11.3%と、1970 年の4.5%から約2.5倍に増加した。高齢 者の就業率は、男性の場合、60~64歳 で74.3%、65歳以上で29.3%と、国 際的にも高い水準にある。 

 また、さまざまな生活課題を抱えながら も住み慣れた地域で自分らしい生き方を全 うするため、地域で支援を必要とする人の 暮らしを支えられるよう、地域包括ケアを 深化させていく必要があるとし、 地方創生 の観点も踏まえ、地域ごとの特徴を生かし つつ、支え手・受け手に分かれていた社会 から、すべての人が暮らしと生きがいをと もに創り、ともに高め合う地域社会を構築 し、時代の変化に対応した新たな福祉のあ り方を提示していく考えも示した。