ホーム > デイリーニュース > 「有望国1位は3年連続ベトナム 取引先海外現地法人の業況調査」

「有望国1位は3年連続ベトナム 取引先海外現地法人の業況調査」

 日本政策金融公庫中小企業事業は、この ほど、「取引先海外現地法人の業況調査」を 実施した。本調査は、海外に現地法人を有 する同事業取引先を対象に、海外現地法人 の業況、経営課題、今後の展望等をアンケ ート調査したもの。結果概要は以下の通り。 (1)ASEANの概況:ASEANは、 損益「黒字」の企業が前回調査の47.1% から40.2%に減少。今後売上高が「増 加」企業は49.6%から51.2%とわ ずかに上昇したが、「事業拡大」企業は8% ほど減少し、資金調達予定も減少するな ど、投資に慎重な姿勢(2)中国の概況: 予想売上高が「増加」と答えた企業は同4 1.8%から38.6%に減少。当面の経 営方針での「事業拡大」企業は37.0% から33.0%に減少し、資金調達を予定 している企業も16.7%から10.9% に減少するなど引き続き低水準(3)中期 的な投資有望国:投資有望国(中期的な事 業展開先)は、3年連続ベトナムが1位、 タイ、中国など他国に既に進出している日 系企業からも、次なる投資先として引き続 き支持(4)TPPの今後の業績への影響: TPP参加国のベトナム、マレーシアでは 「よい影響あり」回答企業が47.5%、 36.4%で第3国向け輸出の増加等TP Pのもたらすメリットへの期待が現れた。