ホーム > デイリーニュース > 「訪日外国人消費額 2.9%減少9,717億円に」

「訪日外国人消費額 2.9%減少9,717億円に」

 平成28年7-9月期の訪日外国人全体 の旅行消費額は9,717億円で、前年同 期(1兆9億円)に比べ2.9%減少した。 訪日外国人旅行者数は626万人であり、 前年同期(535万人)に比べ17.1% 増加。訪日外国人1人当たりの旅行支出は 155,133円。前年同期(187,1 66円)に比べ17.1%減少。国籍・地 域別にみると、中国が22万8千円(前年 同期比18.9%減)、ロシアが22万2千 円、イタリアが21万5千円と高い。国籍・ 地域別の消費額は中国が4,398億円(構 成比45.3%)と最も大きく、次いで台 湾1,292億円(同13.3%)、韓国9 08億円(同9.3%)、香港699億円(同 7.2%)、米国532億円(同5.5%) の順で、これら上位5カ国で全体の80. 6%となる。現地通貨ベースでみると、香 港を除き前年同期に比べ増加。日本円ベー スでの1人当たり旅行支出の減少には、為 替レートの円高方向への動きも大きく影 響。費目別にみると、買物代が最も多く3 4.5%、次いで宿泊料金28.7%、飲 食費21.1%の順となっている。前年同 期に比べ宿泊料金や飲食費、交通費の構成 比が拡大し、買物代が縮小した。国籍・地 域別では、中国の買物代が1,969億円 と突出して高く、次いで台湾が高い。