ホーム > デイリーニュース > 「第三者への選択的開示を禁止 金融庁、研究会設置で検討開始」

「第三者への選択的開示を禁止 金融庁、研究会設置で検討開始」

 金融庁が「フェア・ディスクロージャ ー・ルール・タスクフォース」を設置し、 フェア・ディスクロージャー・ルールの導 入に向けた検討に動き出した。金融審議会 「ディスクロージャーワーキング・グルー プ」が今年4月にまとめた報告書では、「具 体的に検討する必要があるものと考えられ る」とされていたものである。 

 フェア・ディスクロージャー・ルールと は、発行者等が、重要かつ未公表の内部情 報を、第三者に選択的に開示することを禁 止するルール。欧米では、証券の発行企業 等が、その発行企業又は発行証券に関する 重要かつ未公表の情報を特定の情報受領者 に対して開示する場合、(1)意図的な開示 の場合は同時に(2)意図的でない開示の 場合は速やかに、当該情報を公表しなけれ ばならないというルールが導入されてい る。フェア・ディスクロージャー・ルール を導入する際には、罰則も含め、法令か証 券取引所の規則で定めるのかといった規制 をどのように行うべきかなどの論点があ る。また、スチュワードシップ・コードが 導入され、上場企業と機関投資家との建設 的な対話が重要視される中で、フェア・デ ィスクロージャー・ルールが導入されるこ とで企業が萎縮することのないような制度 づくりが求められている。