ホーム > デイリーニュース > 「平成28年度相続税申告状況 ほぼ昨年並みに推移-国税庁」

「平成28年度相続税申告状況 ほぼ昨年並みに推移-国税庁」

 国税庁はこのほど、平成28年中に発生 した相続・遺贈等による財産取得による相 続税の申告状況の概要をまとめ公表した。 平成27年1月1日以後の相続等は、平成 25年度税制改正により、基礎控除額の引 下げ等が行われているため大きく増加して いる。平成28年中の被相続人数は約13 1万人(平成27年約129万人)、このう ち相続税の課税対象となった被相続人数は 約10万6千人(平成27年約10万3千 人)で、課税割合は8.1%(平成27年 8.0%、平成26年度4.4%)となっ た。課税価格の合計は14兆7,813億 円(平成27年14兆5,554億円、平 成26年度約11兆5000万円)で、被 相続人1人当たりでは1億3,960万円 (平成27年1億4,126万円)。税額の 合計は1兆8,681億円(平成27年1 兆8,116億円、平成26年度約1兆4 000億円)で、被相続人1人当たりでは 1,764万円(平成27年1,758万 円)となっている。相続財産の金額の構成 比は、土地38.0%(平成27年38. 0%、平成26年度41.5%)、現金・預 貯金等31.2%(平成27年30.7%、 平成26年度26.6%)、有価証券14. 4%(平成27年14.9%、平成26年 度15.3%)の順となった。