ホーム > デイリーニュース > 「平成29年上半期雇用動向調査 6年連続で入職超過」

「平成29年上半期雇用動向調査 6年連続で入職超過」

 厚生労働省は平成29年上半期における 雇用動向調査結果を公表した。この調査は 主要産業に属する常時5人以上の労働者を 雇用する事業所を対象に行っており、入職 者・離職者の性別や年齢、離職理由等の状 況を明らかにすることを目的としている。 今回の調査は14,921事業所を対象に 行い、8,871事業所から回答を得てい る。29年上半期の入職者数は4,745. 7千人、離職者は4,191.7千人、差 引き554.0千人の入職超過となった。 入職超過はこれで6年連続となる。就業形 態別に見ると、一般労働者は入職者2,9 28.6千人、離職者2,512.5千人 人で416.1千人の入職超過、パートタ イム労働者は入職者1,817.1千人、 離職者1,679.1千人で138.0千 人の入職超過となった。 

 一般労働者のうち、雇用期間の定めなし は2,188.7千人(対前年同期比18 1.8千人増)、期間の定めありは74.0 千人(同7.9千人減)、パートタイム労働 者は定めなしが850.9千人(同104. 1千人増)、定めありは966.2千人(9 1.7千人減)となっている。パートタイ ム労働者はまだ期間の定めがある契約の方 が多いが、徐々に無期雇用が進んでいるよ うだ。