ホーム > デイリーニュース > 人材の多様性を活かす発想 ダイバーシティ経営を実践

人材の多様性を活かす発想 ダイバーシティ経営を実践

 働き方改革関連法が4月からスタート し、中小企業経営も新たな労働と雇用の在 り方が問われています。最大限に生産性を 上げるためには、多様な人材を活かせる組 織および経営を進める意識改革が必要で す。 「人の多様な違いを活かし合うこと」 がダイバーシティの趣旨であり、ダイバー シティ経営は、まさに人材の多様性を経営 戦略として取り込むことを指します。欧米 ではすでに当たり前の考え方と言えます が、個人の外面や内面の属性に同一化を求 めやすい日本型組織が、現状の閉塞感を生 んでいるとすれば、まさに発想の転換を求 める本取り組みが注目されています。 

 (一社)日本ダイバーシティ・マネジメ ント推進機構では、「ダイバーシティ・オフ ィサー講座第1 期」を募集しています。6 月に毎週土曜日5回開催、事例ワークショ ップを中心に(1)経営戦略の組織化事例 (2)シニア活躍、外国人活躍(3)ボト ムアップで元気な職場作り(4)女性人材 の育成と働き方改革、障がい者雇用の事例 などをケースメソッドを踏まえて実践力を 養います。最終日は総合演習として課題解 決手法をレポート作成にてディスカッショ ン。詳細は別紙ご参照ください。社員が生 き生きと働ける職場作りを戦略的に取り組 める中心的な人材の育成をご検討下さい。