ホーム > デイリーニュース > 若年層が年々増加傾向に 30年度の創業融資―日本公庫

若年層が年々増加傾向に 30年度の創業融資―日本公庫

 日本政策金融公庫は国民生活事業が平成 30年度に行った創業融資実績(創業前お よび創業後1年以内)を発表した。融資先 数は2万7,979先と前年度の2万8, 116先に比べ0.5%微減、融資総額も 1,857億円と前年度の1,911億円 を2.9%下回った。 

 融資先数で年齢別の動向をみると、融資 先数そのものは30代、40代、50代以 上に比べて決して大きいわけではないが、 10代・20代の若年層への融資先数が2 8年度2,806先、29年度2,867 先、30年度2,914先と年々増加。中 でも25歳未満の世代は28年度371 先、29年度435先、30年度は前年度 比19.1%増の518先と大きく伸びて いる。同公庫はその背景として、起業家教 育の活性化やスタートアップ企業などにお けるインターンシップ活動の普及により学 生と起業家との接点が増えるなど、創業を 身近に感じる若者が増えたことが一因では ないかとみている。創業融資における民間 金融機関との協調融資の実績は、融資先が 4,536先と前年度比25.0%増、融 資額が352億円、同18.3%増と大き く増加した。日本公庫は、引き続き女性や 若者の創業予定者への相談会開催など、時 代のニーズに沿って推進する、としている。