ホーム > 労務トピックス > 『労働保険について』

『労働保険について』

 労災保険と雇用保険のことを労働保険といい、労働保険料(労災保険料と雇用保険料の合計)を1年に一度(6月1日~7月10日まで)に労働保険概算・確定申告書で申告し納付します。
 この労働保険概算・確定申告書手続き(年度更新)では前年4月から当年3月までに支払が確定した賃金額から算出した労災保険料と雇用保険料の合計額(確定保険料)と、前年に申告した概算保険料との差額を納付し、さらに来年3月までの概算賃金総額から算出した概算保険料を納付するという手続きとなります。労災保険料は全額事業主負担ですが、雇用保険料は毎月従業員の給与から控除している保険料と事業主負担分を合わせて年度更新時に納付することになります。