ホーム > 労務トピックス > 『改正、育児・介護休業法等』

『改正、育児・介護休業法等』

 平成29年1月1日より改正育児・介護法及び男女雇用機会均等法が施行されます。 今回の改正は、介護休業が分割取得できること、ハラスメント防止措置の義務付け等、幅広い内容となっています。従業員が育児・介護と仕事に両立できるようより支援することが求められています。規程変更等準備を進めてはいかがでしょうか。詳細は省略していますが改正内容です。   

1 介護休業が分割取得できます。   

2 有期契約労働者の育児休業の取得要件の緩和   

3 子の看護休暇、介護休暇の取得単位の柔軟化   

4 育児休業等の対象となる子の範囲   

5 介護のための所定外労働の制限(残業の免除)、所定労働時間の短縮措置等   

6 上司・同僚からの妊娠・出産、育児休業、介護休業等を理由とする嫌がらせ等の防止措置の義務付け    です。   

詳細は厚生労働省HP 

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/pamphlet/32.html