ホーム > 労務トピックス > 『雇用保険の適用拡大について」』

『雇用保険の適用拡大について」』

 平成29年1月1日以降、65歳以上の労働者についても「高年齢被保険者」として雇用保険の適用対象となります。   

 平成29年1月1日以降に新たに雇用した場合に被保険者となるだけでなく、平成28年12月末までに65歳以上の労働者を雇用し平成29年1月1日以降も継続して雇用している場合も被保険者となります。また平成28年12月末日以前から継続雇用して場合、届出期日は特例となり平成29年3月31日までとなります。この場合平成29年1月1日から被保険者となります。また労働者本人からの雇用保険料徴収については従来どおり免除となります。ただし免除の期間は平成31年3月31日までとなります。   

 この改正に伴い、平成29年1月1日より高年齢求職者給付金、育児休業給付金、介護休業給付金、教育訓練給付金についても高年齢被保険者が対象となります。