ホーム > 労務トピックス > 『勤務間インターバルについて』

『勤務間インターバルについて』

 同一労働同一賃金など非正規雇用の処遇改善、時間外労働の上限規制の在り方等長時間労働の是正、女性・若者が活躍しやすい環境整備、育児・介護と仕事の両立等々。働き方改革実現に向けて政府で話し合われています。 

 今回は働き方実現テーマのうち労務管理実務への影響が大きく導入も増加傾向にある「勤務間インターバル」について注目します。「勤務間インターバル」とは、勤務終了時刻から翌日の勤務開始時刻までの時間を一定以上確保する制度です。「休息」、「睡眠時間」を確保し労働者の健康を維持、確保することを目的としています。また使用者にとっては労働災害対策にもなるのではないでしょうか。     導入にあたっては就業規則、その他安全衛生管理規程の定めによりルール化が求められるのではないでしょうか。導入事例も厚生労働省より公表されています。是非ご参考にしてください。  http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/interval/interval.html