ホーム > 労務トピックス > 『厚生労働省「モデル就業規則」改定』

『厚生労働省「モデル就業規則」改定』

 ◆「モデル就業規則」とは? 

 常時10人以上の従業員を使用する使用者は、労働基準法の規定(第89条)により、就業規則を作成し、所轄の労働基準監督署長に届け出なければならないとされています(就業規則を改定する場合も同様です)。  厚生労働省では、各企業が実情に応じた就業規則を作成できるよう、同省ホームページにおいて「モデル就業規則」(以下、「モデル規則」)を公開していますが、この度、これの改定が行われました。 企業はこのモデル規則の通りに規定を定めなければならないわけではありませんが、規定作成の際の参考にはなります。 

 ◆今回改定された規定は?

 今回改定された主な規定は、以下の通りです。 

 (1)「マタニティ・ハラスメント」等の禁止規定(第14条)を新設 

 (2)「その他のハラスメント」の禁止規定(第15条)を新設 

 (3)「副業・兼業」についての規定(第67条)を新設 

 ※なお、「労働者の遵守事項」(第11条)の規定から、「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと。」が削除されています。 

 (4)「家族手当」についての規定(第33条)から「配偶者手当」を削除